同人誌の専門誌を利用する

近頃ではマンガやアニメが好きなおたくと呼ばれる人達も多く見られるようになり、その中には同じ趣味を持っている仲間が集まって同人誌を作って通販などで独自に販売しているという人達も増えていますが、どうしても自家通販の場合は上手く宣伝できなくて、いくら良い雑誌を作ってもたくさんの人達に認識されないという場合もあります。

同人誌を効率よく販売するための方法の1つとしては専門誌に委託して宣伝しながら販売部数を増やしていくというものがあり、そのような方法を活用すると、受注から発送までの全てを代行してもらえる場合もあります。

同人誌についての推薦コメントや紹介文を書いてもらうと売上もどんどん上がるようになり、多くの読者の反響も得られるようになります。


配送方法を考える

同人誌を自分でインターネットなどを活用して通販で販売する際には、受注から発送まで全て自分で行わなければいけません。通販を行う時に注意しなければいけないのは商品の発送方法ですが、特に思いのこもった同人誌や同人グッズを送る時には、OPP袋に入れることをおすすめします。

OPP袋を利用することで商品に傷が付くのを防ぐことができ、高級感も出るため、他のものと差別化を図れるようにもなります。さらに折れ曲がりやすい雑誌も折れにくくなり、きれいな状態でお届けすることが可能になります。

通販で商品を販売する際にはお金の受け取り方などもきちんと考えるようにしなければいけなくて、できるだけお客さんに好まれて安全に取引できる方法を採用するようにしましょう。


宣伝することも忘れずに

今ではいろいろな趣味を楽しむ人達が多くなっていて、特にマンガやアニメなどが好きな「おたく」と呼ばれる人が目立っています。

マンガを読むことが好きな人も多いのですが、自分でマンガを書くことも好きな人もたくさんいて、そのような人達は独自に同人誌を作成して、通販を利用してそれを同じ趣味を持つ仲間の間で販売しているという人も増えてきています。

できるだけ多くの人達に同人誌を販売したい場合は、通販で商品を購入してもらった際に自サイトの紹介やイベント参加予定などをお知らせする広告を入れることがおすすめで、そうすることで顧客を増やしていくことができ、将来的に同人誌の販売部数を増やしていくことも可能になります。いろいろなアイディアを持つことで同人誌の売上を伸ばしていくことができます。

参照:同人誌・同人ソフトの通販「同人堂」